医療機器情報提供サイト

メタボの危険性を解説

メタボとはおなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満のことを言います。更に、内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態をメタボと呼びます。正式名称は「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」です。

内臓脂肪が溜まり過ぎると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を招きます。また、血糖値、血圧が高めの方等のまだ病気とは診断されない予備群の方でも、動脈硬化が急速に進行してしまいます。

まだ危険を感じていないひとごとの方…。日本人の三大死因は、がん、心臓病、脳卒中ですが、そのうち心臓病と脳卒中は動脈硬化が原因と言われている病気です。メタボになると、糖尿病、高血圧症、高脂血症の一歩手前の段階でも、これらが内臓脂肪型肥満をベースに複数重なることによって動脈硬化を進行させ、これが心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気を急速に招くのです。

上記の要素が重なるほど心臓病等の危険性が高まります。メタボによって引き起こされる病気の発症の危険性は、上記症状の数が多くなるほど危険度は高まります。

例えば心臓病の場合、上記症状がない人の危険度を1とすると、危険因子を1つもっている場合は5.1倍、2つもっている場合は5.8倍、3〜4個もっている場合では危険度は急激に上昇し、なんと35.8倍にもなります。

と、いうわけでメタボのまとめ。内臓脂肪型肥満をベースに高血糖、高血圧、脂質異常が複数重なることによって、動脈硬化を引き起こし、心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気の危険性が一気に高まるとても危険な状態なのです。